西川口歯科クリニックは、JR西川口駅西口徒歩1分の場所にあり、土曜日も診療しています。

西川口歯科クリニック

048-255-3711
英語対応
24時間診療予約

インプラント

しっかりした噛み心地をいつまでも

もう一度天然歯の感覚を~インプラント~

永久歯が抜けてしまった、あるいは抜歯しなくてはいけない状態になってしまった時のショックは非常に大きいもの。これからの義歯での食事を想像して、大きな楽しみを失ってしまった気分に陥ってはいませんか?

そんな時には、「第2の永久歯」と呼ばれるほど天然歯と変わりない感覚を取り戻せるインプラント治療がおすすめです。インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に、チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を取りつけることで本来の歯の機能を回復させる治療です。残念ながらインプラント治療に保険は適用されませんが、天然歯のようにしっかりと噛め、天然歯に近い美しさが実現します。インプラント治療でしっかり噛める暮らしを手に入れましょう。

インプラント治療のメリット

  • 天然歯と同等の噛み心地が得られる
  • 自然な見た目で人工歯だと気づかれない
  • 残っている周りの歯に負担をかけない
  • セラミックなどの丈夫な素材を採用しているので耐久性にすぐれる
  • 適切なケアにより長期間の使用が可能
治療方法 メリット デメリット
インプラント
  • 見た目がご自分の歯に限りなく近く、自然に見える
  • 周りの歯を一切削らなくてよい
  • ご自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べものの味や触感がよくわかる
  • あごの骨がやせるのを防いでくれる
  • 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要
  • 全身疾患がある場合や重度の糖尿病の場合、治療ができないことがある
  • 保険が利かない
入れ歯
  • 一般の歯科医院でも簡単に治療を受けることができる(保険適用・自費がある)

  • 装着時に違和感がある
  • 固い食べものを噛むのが難しい場合がある
  • 見た目が良くない場合がある
  • 発音に問題が出る場合がある
ブリッジ
  • 費用をかければ見た目の仕上がりがよい
  • 固定式のため、ズレない

  • ブリッジを固定するために、健康な歯を削る必要がある
  • 発音に問題が出る場合がある
  • 歯が抜けた部分の骨がやせていく場合がある
  • ブラッシングがしにくくなり、口の中が不衛生になりやすい

安全なインプラント治療のために

安全なインプラント治療のためにインプラント治療には高度な技術力が求められます。当院では安全なインプラント治療のために、次のことに取り組んでおります。

1.日本口腔インプラント学会参加

2.国際インプラント学会(AIAI)参加、認定医の取得

3.事前のCT撮影によって、治療箇所の状態の徹底検査を行う

4.手術の際、インプラントの埋入位置を確認するため、サージカルステント(インプラント手術専用の樹脂性の型)を用い確実な治療を行う。等々

歯科用CT

歯科用CT当院では歯科用CTを完備しています。歯科用CTでは3D画像を撮影できるため、従来のレントゲンと比べ、より詳細に口腔内の状況を検査することができます。当院では、検査から治療まで、正確で安全なインプラント治療をご提供いたします。

当院が選んだインプラントシステム

インプラント治療とひとくちに言っても、その方法はさまざま。当院が選んだインプラントシステムの中から患者さん一人ひとりの徹底した検査結果とご要望をふまえ、最適なインプラントシステムをご提案します。

 

患者さんの負担が軽減できるインプラント治療
  • フラップレス
  • 即時埋入

 

患者さんのご要望にあわせたインプラント治療
  • インプラントオーバーデンチャー
  • 固定式インプラント

顎の骨が少なくてインプラント治療ができない方へ

インプラント治療を受けるには、インプラントを固定させるために、ある程度の骨の幅や高さが必要になります。骨量が足りない場合、上記でご紹介したショートインプラントを用いる方法がありますが、そのほかにも骨を再生させる手術(骨再生法)が必要になることもあります。代表的な骨再生法をご紹介します。

代表的な骨再生法 説明

サイナスリフト

上顎の骨量が足りない場合に行う方法。骨の高さが5mm以下の場合、移植骨や骨補てん材を上顎洞(穴鼻の横奥の辺りにある骨の中の空洞)に埋入することで上顎洞底部を上げ、インプラントを埋入できるだけの厚みを確保します。

ソケットリフト

こちらも上顎に厚みが足りない場合に行う方法。骨の高さが5mm以上の場合に用います。人工骨や骨補てん材を、インプラントを埋入する穴から上顎洞底部に押し込み、インプラントが埋入できるだけの厚みを確保します。

GBR

骨が不足している部分に人工膜を入れ、骨が再生できるスペースを作り、そこに骨補てん材を詰め骨の再生を促す方法です。インプラント埋入手術の前に行う場合もあれば、インプラント埋入と同時に行うこともあります。

pagetop