西川口歯科クリニックは、JR西川口駅西口徒歩1分の場所にあり、土曜日も診療しています。

西川口歯科クリニック

048-255-3711
英語対応
24時間診療予約

一般歯科

虫歯の治療などを行います

歯の根から治しましょう~根管治療~

歯を残すために欠かせない治療~根管治療~

歯の内側には神経の通る細い管「根管」があり、虫歯が悪化すると、中の神経は死んでしまいます。根管治療とは、死んでしまった神経を取り除き、根管をキレイに洗浄・殺菌し、歯を再び生かすための治療です。

根管は目視できない上に大変複雑な形状をしており、非常に難しい治療となります。ですが、ここで正確な治療を行わないと、虫歯が再発するばかりか、歯を失ってしまうおそれもあります。歯を残すために、根管治療は欠かせない治療なのです。

 

根管治療の流れ
[1] 神経の除去 死んでしまった神経を取り除き、根管の深さを測ります。

[2] 根管の清掃・消毒 根管の内部をキレイに清掃し、無菌状態になるまで消毒します。

[3] 根管の充填 根管の中に薬剤を詰め、さらに消毒し密封します。

[4] 土台の型採り 金属やファイバーコアの土台を入れるために、型採りをします。

[5] 土台の形成 土台を形成し、その上に被せるクラウン(冠)の型採りをします。

[6] クラウンの装着 見た目、噛む力、口腔内のバランスなどをよくふまえ、クラウンを装着して完了です。

 

当院の根管治療の特徴

「治療の流れ」でもありましたように、ご自身の歯を残すために行う根管治療、歯を残す可能性を高めるためにファイバーコアを、さらに使い続けるためにセラミック治療をご用意しております。

 

ファイバーコア使用のメリット

ファイバーは歯に近い性質を持ち、科学的に歯と接着しやすい特徴を持っています。そのため、ファイバーの土台(ファイバーコア)は、金属の土台に比べ歯と非常に一体化しやすいというメリットがあるのです。また、ほかにも以下のようなさまざまなメリットがあります。

歯根が割れにくい 金属は何らかの原因で接着剤が離れてしまうと、歯根に強い負担をかけることになり、根が割れてしまいがち。一方、ファイバーコアは歯根と一体化しやすいため、割れにくくなります。
また、ほとんど弾性のない金属に比べ、ファイバーコアは歯に近い弾性を持っています。これも割れにくい理由です。
腐食しない 金属に含まれる銀は、だ液によって腐食することがありますが、ファイバー樹脂だけでできているファイバーコアは、腐食することがありません。
歯根が変色しにくい 金属の中の銀は銀イオンとして浸出し、歯根を変色させることがありますが、ファイバーコアは銀イオンを出さないため変色することがありません。
いろいろ試みたけれど、どうしても歯を抜かなくてはいけなくなった場合には……。そんな場合には、歯の機能を取り戻せるインプラント治療がおすすめです。
pagetop