西川口歯科クリニックは、JR西川口駅西口徒歩1分の場所にあり、土曜日も診療しています。

西川口歯科クリニック

048-255-3711
英語対応
24時間診療予約

院長コラム

花粉症対策  17.03.21

桜の開花が待ち遠しい季節になりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
新生活に胸を膨らませている方も多いこの時期、花粉症に悩まされている方もとても多いと思います。

花粉症対策に鼻呼吸がとても大切だということはご存知でしょうか。
普段呼吸をするときに多くの人たちは口で呼吸をしていますが、自覚している人は少ないようです。
実はこの口呼吸、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などさまざまな病気の原因になることがあるのです。

口は消化器官の一部で、鼻は呼吸器官の一部です。
もともと哺乳類は鼻だけで呼吸をしていましたが、人間は話す能力を獲得したために、
今では鼻と口のどちらでも呼吸をすることができるようになりました。
鼻から酸素を取り入れる鼻呼吸を行うと、鼻腔を通る間に埃や細菌などの異物が除去され、同時に加湿されます。
その空気は肺で酸素を吸入しやすい状態になります。
鼻は空気清浄機や加湿器のような役割を果たしているのです。

一方、口呼吸をすると空気中の細菌、ウィルスや埃などが扁桃腺組織を直撃してその機能を低下させてしまいます。結果身体の免疫力が低下して花粉症などのアレルギー疾患が生じるリスクが高まるのです。
また、口呼吸で常に口を開けていると口の周囲が緩んで舌が気道をふさぐようになり、
睡眠時に呼吸が止まったり、昼間突然激しい眠気に襲われる睡眠時無呼吸症候群の原因にもなります。
口腔内が乾燥して唾液の作用が低下するため、口臭な歯肉炎を引き起こしやすくなります。

花粉症対策だけでなく、全身の健康のためにも ぜひ鼻呼吸を意識して生活してみてください。

院長 森山聖子

pagetop